ボタニカルシャンプーの良いところとは

PR|クワトロボタニコ、メンズ化粧品

頭皮や髪に低刺激で環境に優しいメリットがある自然派シャンプーとして知名度が急上昇しているボタニカルシャンプーはその人気から美容系の通販サイトのみならず、最近ではドラッグストアやバラエティショップなどでも購入できるようになってきています。

よく比較される同じように植物由来成分を配合しているオーガニックシャンプーとの違いですがどちらとも植物由来の洗浄成分や保湿成分を配合したシャンプーです。この二種類のシャンプーに使われている成分の基準や違いはかなり曖昧というのが現状、どちらが品質として優れていたり劣っていたりと言うことはありません。商品の名称に囚われず自分の使ってみたい成分が配合されているシャンプーをチョイスするのが一番良いでしょう。

乾燥肌の方や、化学物質を配合した洗浄力の強い今までのシャンプーでは痒みやフケが出てしまって合わなかったという人でもボタニカルシャンプーなら潤いを守ったヘアケアができるとユーザーからは好評が多いです。商品によってはシャンプーのベースである水にも拘って選ばれたものを使用しています。

一方で泡立ちは市販のその他のシャンプーに比べて弱く、脂性肌で髪や頭皮がベタつきがちな方はすすぎなどを念入りに行わないと汚れが落ちきらないこともあります。ノンシリコンな商品も多いので使用し始めてしばらくは洗い上がりの髪の毛のきしみに慣れる必要があるかもしれません。

防腐剤を配合していないボタニカルシャンプーの場合、使用期限内に使い切らないと酸化や雑菌の繁殖が起こり腐ってしまいます。湿気のない、直射日光の当たらない場所に保管するなどの工夫が必要です。これらを防ぐためボタニカルシャンプーの中には保存料を配合しているものもあります。つまり天然の植物成分百パーセントではない商品もあるのですが、これはパッケージ詐欺でもなんでもなく一切問題ないのです。そしてよく誤解されがちですが植物由来=だれにでも安全という訳ではありません。成分によってはアレルギーを起こすこともあるので購入の前にはよく確認することが大切です。

PR|お家の見直ししま専科|家計見直しクラブ|生命保険の選び方|内職 アルバイト|GetMoney|マッサージのリアル口コミ.com|貯蓄|住宅リフォーム総合情報|ショッピングカート|英語上達の秘訣|心の童話|健康マニアによる無病ライフ|サプリメント|オーディオ|JALカード|